• 放射線治療とは
  • 受診希望の方へ
  • 設備紹介
  • 患者様の声
  • 手術との成績比較
  • 研究・業績
  • スタッフ
  • 入局案内
ホーム  >  スタッフ  >  中川 恵一 准教授  >  活動実績 - 福島支援

スタッフ

活動実績 - 福島支援

活動実績
連載
著書
研究業績

福島支援

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋地震を契機とする地震災害、津波災害、そして東京電力福島第一原子力発電所事故は、岩手、宮城、福島を中心に、大きな被害をもたらしました。
現在でも、約30万人が自宅を離れた避難生活を余儀なくされています。とりわけ、30万人の約半数にあたる15万人が福島県民で、その3分の1にあたる約5万人は、避難指示を受けていないにもかかわらず自身の判断に基づいて避難を続ける「自主避難者」です。原発事故の影響の甚大さを痛感させられます。
最近までの環境放射線量の測定や調査の結果からは、村民ら、福島県民の被ばく量、特に内部被ばく量は当初危惧されたようなレベルではないことが明らかになっています。しかし、低線量被ばくの問題は住民に大きな心理的影響を与えており、放射線被ばく以外の経済的、社会的諸要因も住民の意思決定に大きく関与していると考えられます。低線量被ばくや避難自体による健康影響などの情報は、それを取り巻く文脈や受け手の状態など、さまざまな環境によって、意味が変化します。「科学的正しさ」がどのような文脈と環境でどのような「意味」に変容するのか、科学コミュニケーションやリスクコミュニケーションを円滑に進める為の系統だった研究例はきわめて少なく、重要な課題であると言えます。そこで、私たちは、大規模原発事故後の望ましいリスクコミュニケーションのあり方を求めるため、福島県住民の地域住民(とりわけ飯館村民)を対象に、地域住民に根ざしたリスクコミュニケーションの実践活動を軸に、低線量被ばくに関する科学的情報が受け取られる際の文脈を解明することを目的に、これまでさまざまな活動を行って参りました。
ここでは、これまでの活動の成果を報告しています。
【研究論文】

Sakumi, A., Miyagawa, R., Tamari, Y., Nawa, K., Sakura, O. & Nakagawa, K. External effective radiation dose to workers in the restricted area of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant during the third year after the Gread East Japan Earthquake. J Radiat Res published 9 December 2015, 10.1093/jrr/rrv073 (Download)
放射線をいかに語るか(PDF)】

■経緯と概要
この資料集は、福島第一原子力発電所の爆発事故以降、放射線被曝の健康リスクを地域住民に伝え、理解してもらう活動を精力的に続けてきた3人の専門家へのインタビューをまとめたものです。今回の過ちが起きたのは、原発の過酷事故が生じることを想定していなかったからだと言えます。3・11以前には、過酷事故が起こったときの対応の仕組みも手順も心の準備も、ほとんどありませんでした。そこで、もう少しうまく対応する道はなかったのかを検討するために、この資料集は企画されました。この資料集でインタビューした3人は、専門分野も被災地との関わり方もさまざまに異なりますが、いずれも地域の住民の方々の立場と目線に立って、どのような情報を、どのような形で提供すれば良いのか、悩み、考え、工夫してきた人たちです。この冊子が,今回の事故後に私たちが経験したことを将来に活かすためのヒントになることを願っています。

■体制・工程
この資料集は、文部科学省原子力基礎基盤戦略研究イニシアティブ「原子力と地域住民のリスクコミュニケーションにおける人文・社会・医科学による学際的研究」(研究代表者:中川恵一)の成果の一部として作られました。インタビューは同プロジェクトの佐倉統(東京大学大学院情報学環)、水島希(東京大学大学院情報学環)、坂田尚子(東京大学医学部附属病院)が行いました。
原発事故後、いかに行動したか(PDF)】

この資料集は、一集目『放射線をいかに語るか――被災地域における専門家の模索』に続く二集目として作られました。 この資料集では、本プロジェクトに参加している、東京大学医学部附属病院放射線科の作美明に、これまでの活動の記録を書き下ろしてもらいました。また、農学の立場から福島支援を続ける研究者である、東京大学大学院農学生命科学研究科の溝口勝先生と、全村避難のなかで、飯舘村内で操業を続ける菊池製作所へのインタビューを掲載しました。福島第一原子力発電所の爆発事故以降、「想定外」とされたこの事故に各々の立場で向き合った経験がまとめられています。

この資料集は、文部科学省原子力基礎基盤戦略研究イニシアティブ「原子力と地域住民のリスクコミュニケーションにおける人文・社会・医科学による学際的研究」(研究代表者:中川恵一)の成果の一部として作られました。
飯舘村壁新聞・かわら版道しるべ(PDF)】

住民同士の放射線に関するコミュニケーションを促進するために、飯舘村壁新聞とかわら版道しるべの制作に携わりました。
飯舘村壁新聞とかわら版道しるべは、飯舘村の自治体および仮設に配布・掲示されました。
放射線についての理解促進のための勉強会(政府インターネットテレビ)】

放射線に関する理解(健康影響など)について依然不確かな情報が飛び交っています。そこで、放射線について科学的に確立されている情報を発信・普及する勉強会を実施しました。
放射線についての理解促進のための勉強会 第2回(政府インターネットテレビ)】

福島県広野町の中学生を対象に、放射線についての勉強会を開催しました。
勉強会では、放射線に関する基礎知識や放射線被ばくによる健康影響などについてお話しました。授業のあとは、一緒に給食を食べながら、意見交換もできました。
【放射線についての理解促進のための動画】

放射線についての理解を促進するために、3本の動画を作成しました。
これらの動画は、環境省 原子力災害影響調査等事業(放射線の健康影響に係る研究調査事業)「リスクの多元性を考慮したリスクコミュニケーションの実施とそのあり方に関する研究」(主任研究者:中川恵一)の成果の一部として作られました。

現在、作成した動画について調査を行っています。もしよろしければ、ご協力いただけますようお願い申し上げます。
こちらより、ご回答いただけます。




























ページトップ
  • スタッフ
  • 医師
    • 中川恵一准教授
  • 診療放射線技師
  • 医学物理室
    • 医学物理業務と研究活動
  • 看護師