• 放射線治療とは
  • 受診希望の方へ
  • 設備紹介
  • 患者様の声
  • 手術との成績比較
  • 研究・業績
  • スタッフ
  • 入局案内
ホーム  >  入局案内

入局案内

私たちと一緒に、放射線治療医としてこれからのがん治療に携わっていきませんか。
長寿国である日本では、今後さらにがん患者さんが増えていきます。

10年後には人口の4人に1人が、放射線治療を受けることになります。しかし、放射線治療医(専門医)は日本全国で500人程度しかおらず、まだまだ不足しています。

当医局では、他大学出身の方も含め、入局希望を歓迎いたします。

研修プログラム

(1)初期研修プログラム 臨床研修期間:選択期間として最大8か月
(2)後期研修プログラム 放射線治療だけではなく、
放射線診断・核医学部門についても研修を行います。

1. 東京大学医学部付属病院内
放射線科の3部門(治療・診断・核医学)をローテートします。
2. 他院で研修
放射線治療を行っている他院で研修を行うこともできます。

関連病院
癌研究会有明病院、東京警察病院、国立国際医療センター、
がんセンター中央病院 など

入局者の言葉

【H.20入局】放射線診断を希望していましたが...
  • なぜ放射線治療にしましたか?
    全身を広くみたいということから、はじめは放射線診断部に進もうと考えていました。治療部をローテートして、患者さんとの接点が多く、また温かい雰囲気があってこれに惹かれたので、治療部に変更しました。
  • 放射線治療に興味はありましたか?
    治療部に進むことはローテートしてくるまで考えたとこがなく、進路変更するときは、もともとの志望だった診断部と迷いました。
  • 放射線治療を選んでよかったのは?
    患者さんとの接点が多く、また先生方ともたくさん話し合いながら診療できること。
  • 放射線治療を選んで困ったのは?
    スタートが遅かったので勉強しなければならないことがたくさんあります。 (*全く遅くないです。どの時点での入局でも大歓迎です)
  • 仕事場での雰囲気はどうですか?
    患者様も含めて、笑いのある楽しい仕事場です。どの先生方もとても親切ですし、のびのびと仕事ができます。
IMG_photo1006.JPG

 

  • 育児と両立していくことはできますか?
    育児についての情報交換やwork sharingが進められていると感じます。たまに職場でお互いの子供の面倒をみることもあり、良い息抜きになっています。患者様のQOLのためにも、医療従事者の生活の改善を大切にしています。

  • ikuji.jpg
  • 今後どういうことをやっていきたいですか?
    まずは広く多くの患者さんを診ていきたいです。患者さんに近い位置で、一緒に治療をしていく姿勢でいたいです。
【H.20入局】他の科と迷っていましたが...
大学卒業後、救急を得意とする研修病院で2年間。ほとんど癌とは無縁の生活をしていました。初期研修のスーパーローテイトでは、どこでも熱心な先生方に教えていただき、どの科もそれぞれに魅力的でした。

そして研修2年目。いよいよ今後をきめなくてはなりませんでした。どの診療科を専門にしようか、どの病院にしようか...。とくに私にとって魅力的だったのは、外科と循環器内科でした。お祭り気分でワーッと集中して仕事する感覚が、すっきりしていて、とても好きでした。

迷って迷って、でもでも、最終的には放射線治療。全然違いますか?

結局、私にとって、一番の決めては、がん治療に携わりたいという気持ち。できれば、治る癌が診たい。そう思いました。

それから、生活形態も、体力に自信のない私でも、できるような気がして惹かれました。

実際に入局して、まずは診断の勉強をさせていただきました。

放射線治療と診断とがわかれている医局も多い昨今、他の大学にくらべて東大では診断の研修期間が長いです。

これは、放射線診断にもとても興味があった私にとって、ラッキーなことでした。結局、画像診断を勉強しないことには、放射線治療の計画ひとつ作ることができません。そしていよいよ、実際に放射線治療の病棟を受け持つようになり、びっくりしたことがあります。

それは、患者さんの明るさです。

がん治療の病棟というと、どこか暗いイメージがあるものですが、東大病院の放射線治療の外来や病棟は、「治るんだ!」という患者さんの気概にあふれた顔があり、明るい医師たちの笑い声が聞こえました。

明るいがん治療に興味のある学生・研修医の皆様、ぜひ一度私たちの職場を見学にいらしてください。そして一緒に働きましょう。

お問い合わせ

放射線治療に興味を持たれた学生・研修医の皆さんへ
当医局では、様々な大学出身の方が先端医療の研究および臨床業務に携わっています。
ぜひ見学にいらしてください。いつでも大歓迎です。
ページトップ